› 陶studio ブログ › 2015年11月

2015年11月28日

ココクラマルシェで感じたこと

 おはようございます!

もうすぐ、11月も終わりですね。 本当に早いです。

今月は、イベントが多くあったので、いつも以上にそう感じたのかもしれません。

今朝は、2週間前のココクラマルシェについて 振り返りました。


あれから2週間

今年の ココクラマルシェ は、

奇跡的に天気にも恵まれ たくさんの人達で賑わいました。




遅くなりましたが、お越しいただいたお客様へ

「 ありがとうございました^^ 」


今年のココクラマルシェは、2年ぶりの参加ということもあり、

準備の段階から この 心地よい空間 に関わることが出来て

幸せ だと言う感覚がありました。

そして、当日 私は、さらにその感覚を更に強く感じていました。

なぜなら、開催2日前に起こった パリでの同時多発テロ の惨事が

私の気持ちに強く影響を与えていたからです。


週末の夜のパリを楽しんでいた人たち、

ライヴで音楽を楽しんだり、親善サッカーを楽しんだり、

そんな ”心地よい空間” が、無差別テロという暴力で踏みにじられ

130人が死亡し、たくさんの負傷者がでたという事実。

遠くはなれた街での出来事ではありますが、

”恐怖” を身近に感じたし、

許せない気持ち と 哀悼の気持ち も強く感じました。


私は、ココクラマルシェ 当日、

朝 イベント開始前 会場で準備を終えて、

芝生の上のイスに腰掛け 持参したパンと温かいコーヒーを

むしゃむしゃ食べながら、 オープン前で出来た長いお客様の列を

眺め思いました。


ここでは、カラダに爆弾を巻き付けたテロリストが現れ、

無差別に銃を乱射することなどない。 まず100%ありえない!


と、その有り難みを感じるとともに、

その確率が1%でもある空間の”恐怖” を感じていました。

それは、気が狂いそうなほどヒリヒリとした空間です。


テロの犠牲者は、パリだけではありません。

中東、シリア、ロシア、、

アフリカの紛争地域やアジアの迫害を受けている人々・国

も安心できる空間とはいえません。


広い意味では、日本国内でも、貧困やDV、育児放棄、いじめ、

さらに言えば、離婚調停中だったり、ストーカーに狙われたり、

事故で大怪我をしたり、深刻な病気になったり、、


考えてみると、”心地よい” とは言えない事のほうが多いような気もします。

けど、そんな中 ココクラマルシェ は、”心地よい” を生み出している貴重な空間と言えます。


芝生の上で、子供たちが声を上げながら遊んでいたり、

美味しいもの、かわいいモノがたくさん並んでいたり、

気持ちのいい音楽、気持ちのいい風、

それを楽しむたくさんの人達、、


今年のココクラマルシェは、ただそれだけで十分 という気持ちにさせてくれました。  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 08:49Comments(0)日記

2015年11月14日

15日は”ココクラマルシェ”です!

 こんばんは^^

明日15日は ココクラマルシェ http://cocokura-marche.com/ の日です!

去年、参加できなかったため 今年は 今まで以上に気合が入っていますフンッ

天草から帰ってきて 色々と ココクラ用に制作しました。


もこもこ小皿 と 真夜中コロゆのみ


スプーンや箸のレスト


矢印小皿

写真のような小物から パスタ皿 カップ類 いろいろと持っていきます!

出店場所は 観音池公園オートキャンプ場の車のゲート近くです。

天気もなんとかよさそうなので ぜひお越しください。

お待ちしています!  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 19:31Comments(0)日記

2015年11月07日

第8回アマクサローネ 紫肝造アートレポート③

こんにちは。

紫レポート3回めです。

第一回目は、取り消し依頼 があったため、削除しました。 残念です。

では、3話目どうぞ^^;



1980年代、現代美術の派生から<パフォーマンス>という表現スタイルが、日本でも知られるようになった。
その流れは、ローリー・アンダーソンのようなファッショナブルなものから、ボイス&パイクによるハプニングなど様々な広がりも見せた。
その中の一つに<ポージング>という流れが生まれた。
肉体表現としてのパフォーマンスとは逆に、ただ<ポーズ>をとるだけのアートだ。

80年代、アートはエネルギーに満ち溢れていた。
アートは社会の核心的な一部と捉えられていたし、その手応えを皆感じていた。アートで世の中を変えられると本気で思える時代だった。

だが、<ポージング>は、その価値観を揶揄する動きでもあった。アートとは儚いものであり、<見かけだけの存在>でもあり得る。

今思えば、あのアートのエネルギー-は、日本を含め世界経済が沸き立ってうかれた空気の中の、一時の夢だったのかもしれない。


今回のアマクサローネ招聘アーティストの目玉とも言える久保田弘成(敬称略)は、そのポージングパフォーマンスを今に受け継ぐアーティストの一人といえる。

ただ、久保田がポージングによって、アートを揶揄しているかといえば、全くそうではない。真逆である。

彼が国内外で車や船を廻した十数年間は、そのまますっぽり、いわゆる<失われた20年>に嵌り込む。
それは、アートの力が衰退した20年とも言える。80年代の<ポージング>とはまるで意味が違うのだ。

<自動車のエンジンを動力にした、純天草産・日産フェアレディZを縦にグォングォン廻すパフォーマンスです。>とパンフレットにある。
これは言葉ではなかなか伝わらない状況だ。車が廻ると言っても、ありえない方向にまわっているからだ。
映像を見てもらった方が早いだろう。



このパフォーマンス、一見アグレッシブで力強いが、パフォーマーの久保田自身はパフォーマー中ほぼ動いていない。
計算されたポーズを一人決め続けている。

では、何のポーズをしているのだろうか?

彼の衣装やアイテムを見れば、自ずとイメージが湧く。

フンドシ、日本刀、タバコ、神道、日本人、・・

それはこの人、三島由紀夫 である。


三島は、日本国の行く先を憂いでいた。その彼が自動車をグォングォン廻す。

自動車やエンジンは、日本経済の象徴でもある。
それを、グォングォングォンと廻す。そのメッセージは、実際にパフォーマンスを目にした者しか分からないが、しいて言うなら、三島由紀夫への鎮魂 とも感じられる。

久保田の車廻しは、今回の天草が生涯最後のパフィーマンスになるらしい。

なぜ、いまなのか? 考えてみた。

私の解釈はこうだ。

三島由紀夫が憂いだ 日本軍(自衛隊)。
そして、日本経済の象徴 自動車。
それらに関する重要な法案が2015年、成立した。

新安保法案 と TPP である。 

それは、これらの問題が次のステージに進んだと言える。

そんな年、2015年こそ、終着の年といえるのかもしれない。

(紫肝造アートレポート)  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 17:59Comments(0)紫ぶ肝臓ろアートレポートぐ

2015年11月06日

第8回アマクサローネ 紫肝臓アートレポート②

 こんにちは。

紫さんのアートレポート2回めです。

紫さんの名前、 肝臓 にするか 贋造 にするかちょっと悩んでいます。

足して 肝造にしようかなと思います。 紫肝造アートレポートを どうぞ^^


パフォーマー若木くるみは、今回「天草のRUN」と題して、ランニングとパフォーマンスを同時に行う表現スタイルに挑戦していた。

それは、ランニングをパフォーマンスに取り入れたとも言えるし、パフォーマンスをランニングに取り入れていたとも言えるものだった。
前者は、スポーティーなアートと言えるし、後者は、アートなスポーツとも言える。
コスチュームは、全身黒タイツなので、スポーティーとも言えるし、そのだれきったタイツ姿は、学芸会的アートとも言える。
タスキ姿は、運動会的スポーティーであり、選挙の立候補者を揶揄したメッセージ性アートとも言える。

いわば、ものの2面性を混乱させる作業である。

その最たる点は、自身の後頭部分を剃りあげ、自分の顔をペイントし、顔を2面作ることで、2面性の混乱を生み出す試みである。
顔が2面存在する姿は、かなりのインパクトがある。はじめにイメージするのは<裏の顔>的2面性だが、このパフォーマンスはそればかりではない。

それは<時空の歪み>を表現しているとも言える。

時間は圧倒的安定感のある世界である。
このパフォーマンスはその安定性に、2面性の混乱を用いて、不安定要素を紛れもませる作業でもある。

後頭部に現れた顔は、本人によりペイントされたものだが、その顔は、もちろん変化することがない。時間が止まっていると言ってよい。だが、その顔の表情はある感情の動きの一瞬を捉えたものだ。それは一瞬と言う時間を最大限に引き伸ばした状態といえる。その中での<RUN>という動きである。

傍目から見れば、チンタラしたRUNだし、ヨレた全身タイツだが、パフォーマンスとしては、一瞬にして本渡中央商店街や陶器市の本会場を縦横無尽に瞬間移動している状態と言って良い。
本会場にて皿屋の川本さんと普通に世間話をしているその姿も、このパフォーマンスの上では、一瞬の光の点となるのだ。

しかし、この空間の2面性の歪みにはこのパフォーマー以外のなにか異様な力が影響しているように感じた。
私はその時空の裂け目を腕組みし、星一徹の如く睨みを効かせている人物を発見した。その人物とは、今月29日まで芦北のつなぎ美術館で絶賛展覧会中の武内明子ではないかっ!!

彼女は常にこの時空の歪みが正しく機能しいているのかを厳しくチェックしていた。彼女の計算したある正しい法則のもとに、この5日間、強力な時空の歪み・不安定力が、本渡中央銀天街周辺に張り巡らされた。

これはあくまで私の推測だが、その蜘蛛の糸でかろうじて支えられた時空の歪みのバランスは、彼女らが天草を後にしたその後に一瞬で崩れ、大きな波動となり天草包み込むのではないだろうか。

そして、次に時計の針が動いたとたん、すべてが元通りになり、正しく時間が進んでいく。

そんな気がしてきた。



(紫肝造アートレポート)  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 17:52Comments(0)紫ぶ肝臓ろアートレポートぐ

2015年11月05日

天草大陶磁器展&アマクサローネ の6日間

こんにちは!

昨夜遅くに 天草から帰ってきました。

毎年ですが、本当に楽しいイベントで、今回は、温泉にもたくさん入り ゆったりと天草を楽しむことが出来ました。

お越しいただいたお客様 本当に ありがとうございます!

今回は、うつわの色を 白 にしぼり アイテムを 小皿からちょっと大きめの盛皿など 増やし

いつも以上に しっかりと準備が出来た展示になったと思います。

イベントテーマが「コーヒー」 でしたので、

コーヒーカップも できるだけ数と種類を持って行きました。

自分らしいおもしろみのあるものや アイテムの種類を増やすなど

早速 来年に向けての反省点もありますが、

これから先のフォローしていきたいと思います。


天草大陶磁器展の面白さは、90窯元の集合するイベントと平行して、

本渡中央銀天街での < アマクサローネ > と題された、

アートイベントがあることにあります。

今回は、丸尾焼工房でも 大坊珈琲の大坊さんや アーティストの日比野克彦さんのワークショップもあり

より広く楽しめるイベントになっていました。

私はやはり 毎年のアマクサローネ(街中ギャラリー)で

招聘された若手アーティストの作品に触れるのが いつも楽しみで、

作者とも気軽に話せるので LIVE感のある体験ができるのですが、

この素晴らしさ、面白さ、奥深さ を

なんとか伝えることは出来ないかと 考えているのです。


そこで、ちょっと実験的なことをしたいと思っています。

アマクサローネ番外編 です^^


いつも このブログを見て頂いてる方は

知っていると思いますが、天草での体験は いつも少し長めの文章で書くことが多いのですが、

もっと面白さを伝える といいますか、私自身 もっと楽しむために 架空の人物を想定し、

その人に いろいろと語ってもらうのもいいのではないかと考えたのです。

架空の 自称アート評論家をつくり そいつが、好き勝手に語る という形式を取れば、

少々無責任なこともかけるし、書く方も面白い。

どうでしょうか?^^

もう 名前も決めました。

紫肝臓(むらさき かんぞう) 47才
自称 アート評論家
中学のころ<ヘタウマ>の影響で、自身アートに目覚める。多感な時期、ウォーホルやボイスなどの現代美術に傾倒する。
その後、芸大を目指すが、実力不足を痛感し挫折。その後、製造業に勤めながら、様々なアートイベントに足を運び、影響を受ける。
数年前より、ブログ(紫ぶ肝臓ろアートレポートぐ)を開設し、独自のアート評論を展開する。

そんな感じです。

早速、今回のアマクサローネを紫肝臓がレポートしているようなので 次のブログから UPしたいと思います。

アートの面白さを使えるために かなりフィクションになっているところもありますので ご注意ください^^

  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 16:36Comments(0)日記