› 陶studio ブログ › 2016年07月

2016年07月31日

なぜ、パラリンピックは必要なのか。 ②

 こんばんは。 続きです。


エレン・マッカーサーの単独無寄港世界一周の放送での興奮はどこから来るものか?

そのちょっとした疑問は、時間はかかりましたが、少しずつ解けてきました。


次の機会は、数年後のツール・ド・フランス、その最終日です。


この年は、なぜかCSで全日程を無料放送をしていて、このときはじめて目にしました。

今年は終わったばかりのようですが、7月の自然が美しいフランスを約20日間かけてめぐる自転車競技です。

競技中はもちろん、過酷な争いが展開されますが、

その最終日は、非常に穏やかなのです。



勝敗は前日までに決定し、

最終日は、それぞれの選手が これまで走りぬいたことを喜び、この場にいることを誇り、

すがすがしい空気がシャンゼリゼ大道りを包みます。


最終日はさぞかし過酷なデッドヒートが繰り広げられると思っていたので、驚きました。

この感覚は、確実に日本と違うぞ!


彼らの誇らしさはどこから来るのか?

それは、単に競技者としての満足ではなく、もっと心の底からこみあげてくる感情だ。

自分がこうして存在している喜び。


シャンゼリゼ通りを優勝者の証である黄色のジャージを着て誇らしくペダルを踏めるのは、なぜか?

自分が、ヨット単独無寄港世界一周を成し遂げられるのは、なぜか?

その答えに彼ら、彼女らは 誇りを持っているのです。


その答えは、 人間 だからです!


自分が人間であることが 誇らしいのです。


つづく  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:33Comments(0)記事

2016年07月30日

なぜ、パラリンピックは必要なのか。 ①

こんばんは。


先日、世界各地でのテロのニュースを受け、感覚がマヒしそうだ。と書いたばかりでしたが、

悲しいことに 日本でも 大変痛ましい事件が起きてしまいました。

26日相模原市 の障害者施設で入居者19人を刃物で殺害し25人が重軽傷を負った事件です。

想像を絶する悲惨な事件であり、その動機もショッキングなものでした。


亡くなられた方々の ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


加害者の動機は、知的障害者を否定するもので、

先日ブログで書いた<多様と単一>の話でいえば、

それは完全に チカラによる多様の否定 です。

私は、多様性は大事な存在と考えていますので、

その意味でも、今回の事件には強い憤りを感じています。


改めて、多様性の大切さを

<なぜ、パラリンピックが必要なのか> と題して

書いていきたいと思いパソコンに向かっています。


ただ、これある意味重い問題でもあるので、

うまく書けるか少し不安も感じますが、

慎重に思いが伝わるように書いていきたいと思います。



<なぜ、パラリンピックが必要なのか>


きっかけは、今から15年前のあるニュースでした。

当時はCS放送がまだ出たばかりで、

海外のニュースをBBCなど現地の放送でダイレクトに見れることがすごく新鮮でした。

夜は、BBCやCNNのニュースをぼんやりとみることも多かったのですが、

その中で、あるイギリスの女性がヨットで大変な記録を達成し、

まさにいま帰港しようとするニュースが流れていました。

そこで驚いたのは、それを伝えるアナウンサーの興奮ぶりです。


まったく予備知識のない私には、それがどれだけすごい記録なのかわかりませんでしたが、

それにしても、そのアナウンサーの絶叫ぶりは聴いていてちょっとあきれるほどでした。

「西洋人は感情表現がおおげさだな~」

と当時は思いながらも、そのアナウンサーの声からは、


この女性が偉業を達成したことへの喜び、

そして、その記録達成の瞬間に立ち会える喜び、

さらに、それをテレビで伝えることのできる喜び

その役割を自分が果たしているという誇りが満ち満ちているのです。


聴いてる私も、だんだんとうれしくいなってきて、

到着の瞬間には、その女性に拍手を送っていました。


あのニュースは何だったのか、ググってみると、

イギリス人 エレン・マッカーサーが、女性で初めて単独無寄港ノンストップで世界一周を達成した瞬間でした。



彼女は、のち2005年に 単独無寄港世界一周で世界記録を打ち立てます。

写真はその時のものです。


あの時の、アナウンサーの興奮は、何から来るものなのか?

その問いかけが

のちに パラリンピックが必要である理由を導くきっかけになったのです。

つづく  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:43Comments(0)記事

2016年07月26日

2+2=5

こんばんは。

本日、無事に 宮崎空港での ひむかの国の窯元まつり が終了しました。

お越しいただいたお客様、ご購入していただいたお客様 ありがとうございました。

空港は いろんな方と出会うことができるので 楽しいです^^

今後ともよろしくお願いします。


さて、空港展が開催された11日間

その間に 様々な出来事がありました。

また、この話をしなくてはならないことが とても残念ですが、

世界各地で テロが相次ぎました。

フランス、アフガニスタン、イラク、ドイツ、、、

あまりの多さに 完全に感覚がマヒしています。

テロが日常化するそんな時代になってしまった様です。

犠牲者の方々へ、 心よりお見舞い申し上げます。


今日は、2+2=5 の話をしたいと思います。

これは、小説 1984 で出てくる象徴的なフレーズです。

1984 は ジョージ・オーウェルが1949年に書いた未来小説で

すべての国民が政府に監視され、思考もコントロールされる世界が描かれています。

その思考コントロールが 2重思考 と言われ、 2+2=5 であることに疑問を持たない状態にまで支配されるのです。

詳しくは、ウィキペディアでどうぞ^^

で、そのラジオドラマがBBCで再放送されています。

BBC: Nineteen Eighty-Four

前半後半で 2時間近くあります。

もちろん、すべて英語です。

ですが、ストーリーは割と単純ですし、なんなら、ウィキで予習をして聴くと、大体わかると思います。

音(サウンド) ならではの表現で その世界観は はまる人にははまると思います。

物語の後半の終わり30分ぐらいは 聴いているこちらも思考が狂ってきそうになります。

2重思考の恐ろしさを実感します。


BBCのラジオドラマは クオリティーが高く、私的には 映画以上に想像力を掻き立てられます。

1984 以外にも

ヘミングウェイの 武器よさらば

こちらは、ミュージカルですが、 フリート街の悪魔の理髪師(the demon barber of fleet street)

いずれも、夏の夜にぴったりです^^


恐怖社会、戦争、復讐、、

どれも救いようのない世界ですが、

いずれも 愛・ロマンス がサブテーマになっています。

夏の夜に そんな妄想にふけるのも いいものです^^  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 00:09Comments(0)日記

2016年07月18日

ひむかの国の窯元まつり

 こんにちは!

ようやく 梅雨明けしたようですね晴れ

いきなり 夏本番といった気候で 空が青いです。

只今 25日まで 宮崎空港オアシス広場での

ひむかの国の窯元まつり に出展中です。

場所は、会場の一番奥になります。



明日19日に ミニ花器や新作カップを追加する予定です。

ぜひ、お待ちしています。  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 15:15Comments(0)日記

2016年07月07日

今月の宇宙計画

 こんばんは。

7月になり、 急に暑くなってきましたアセアセ

いかがお過ごしでしょうか?


先日、銃社会のことを書きましたが、

IS関連と思われるテロが 世界各地で連続して発生し、

日本人の犠牲者も出てしまいました。

ご冥福をお祈りいたします。


あまりのテロの多さに 感覚がすこしマヒしそうになります。


そこで なにか 皆で喜べるニュースはないかと 探してみると

オゾン層は回復し、いずれ完全に塞がるだろう:研究結果
BY WIRED.jp

というのがあった。

  世界が団結し 行動した成果の現れ

と 記事にある。


これは すべての地球人が喜べるニュースではないだろうか。


丸い地球の上に立っていると 世界が見渡せない。

見える範囲にこだわりができ 境ができてくる。

宇宙から 地球を見渡せば 

きっと 価値観が違ってくる。


NASA Video : Earth From Space Real Footage - Video From The International Space Station ISS

宇宙 と言えば エキサイティングなニュースが今週あった。

<打ち上げから5年、Junoが木星の軌道に到達。>
by Emily Calandrelli (@TheSpaceGal)


NASA | Hello Jupiter! Juno Spacecraft arrives at the planet Jupiter

今日は 七夕だし、

誕生日だし、

ので、 宇宙に思いを馳せることにします^^


3日の 都城での ぴあ*ぴあマーケットは 無事に終了しました。



お越しいただいたお客様 ありがとうございました。

次は、15日~25日までの 宮崎ブーゲンビリア空港 での

ひむかの国の窯元まつり です。


暑さに負けず いろいろと制作中ですフンッ


体調がすぐれないと

音楽を聴いても あまり ウキウキしなかったりします。

先月は ずっとそんな調子でしたが、

この音楽が すこし元気を取り戻すきっかけを作ってくれました。


D.D Dumbo - Satan

宇宙との交信

そんな子供じみた空想も

暗いニュース から 気を紛らわすのには いいのかもしれません。  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:17Comments(0)日記