› 陶studio ブログ › 2017年01月

2017年01月29日

2月の予定 とART

 こんばんは

もうすぐ1月も終わりです。

来週から ぼちぼち と イベントが入ってきます。

今年一発目は えびのの二日市 です。

4,5日(土日)に 陶器市コーナー に出店します。

初めてなので どうなるか 不安です^^

今週末は 冷え込みはなさそうなので

いいのかな と思います。

二日市に お越しの方は 覗いてみてください。

自衛隊展示の横のスペースになります。


そして、12日は 神柱ピクニックです!

こちらも 寒くならないことを祈ります(人゚∀゚)


相変わらず、今は制作に打ち込んでいます。

少なくても イベント前には 注文品の制作を終わらせないと いけません。

頑張ります。


どこにも行かず 工房に籠りきりだと 時々 アートをみて 気分転換しています。

去年のアートで 気になっているものがあるので それをUPしたいともいます。


Philippe Parreno: Anywhen / Turbine Hall, Tate Modern, London

この 装置化されたアート というものが すごくこころに引っかかっています。



アート とは 単に美しいもの や 目に入ってくる情報 ではない ことは当然です。

感覚を刺激し 揺さぶるもの


そしてまた、作品 という定義が膨張されていく

単に 物の視点 ということでなく

アーティストの作品 として成り立つもの

いろいろ 頭が洗浄されますね^^  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:55Comments(0)ART

2017年01月22日

数のモヤモヤ

こんばんは

今月は 特にイベントがないので 日々、制作に打ち込んでいます。

まずは、お待たせしている注文の制作を進めながら、

新作のための釉薬のテストを調合したり、

アイテムやフォルムをスケッチして 考えをまとめています。

2017年に入り 二十日ほどですが、

気持ち的には ずいぶん長い感じがします。

毎日 工房にこもり 制作をしているので

そう感じるのかもしれません。


制作しながらも いろいろなことを

モヤモヤと考えていると

一日が過ぎるのは 毎日 早く感じます。


モヤモヤ と何を考えているかいいますと、

一つは 去年神戸から宮崎に向かうフェリーから見た 海の波の映像です。



ちょうどその時読んでいた本が 天文不思議集 というもので、

天文学のない時代 人々は天文をどのように捉えていたかを紹介した本で、

荒俣宏が監修した 25年ほど前の本です。



月の満ち欠けや、季節と太陽の関係 など

想像力豊かに 古代の人たちは 自由に想像しています。


私は、フェリーの上から 無規則に動く 海の表面の波の動きを眺めながら、

昔の人も 海の波のような意味のない動きや現象に 様々な意味づけをし、

その思想に従ったり、勝手なルールを作ったり していたんだな。

意味などないのに、、 無意味なのに、、


と 思ったのですが、 ふと あることに気が付きました。


この波の動きは 不規則ではないぞ。


この動きや現象を 数値化して 組み立てているからこそ、

人間は 宇宙にロケットを飛ばしたり、

超高層ビルを建てたりしているのだ。 と、


今の私のように 意味のない 不規則な動きだ 海を眺めていても

永遠に ロケットを作ることはできないだろう。


様々なものの動きを 数値化し 

動きを予想し、組み立てていく。

それらは、星や衛星の動きから

スマホの情報処理、 世界経済のお金の動き など

様々な場所で 使われている。

もちろん 波の動きも その複雑さを数値化したりできるのではないだろうか。


1000年前 500年前 100年前 50年前 10年前 5年前 1年前 半年前 ・・・・


確実に 前進しているのは 数字がかかわる世界ではないか!


と、数のことが気になったので、 数の世界 という本を読んでみた。



これも35年以上前の本ですが、

面白かったです。


考えてみたら、 数の発明は すごいことです。

そして、それを 数学という分野に発展させ、 そこから 物理や化学 に繋いでいく。

無秩序だと思われていたものが 実はある規則のもとに動いている。

素数の不思議 にも 興味が沸いてくる。


そんなことを もやもや考えながら、

今日も 器の制作に励んでいます^^
  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:38Comments(0)日記

2017年01月08日

POST TRUTH

こんばんは!

2016年暮れ イギリス・オックスフォード大学出版は、その年を象徴する言葉として、

POST-TRUTH

を選びました。

意味は、リンクを見てください^^ ウィキペディア(ポスト真実の政治)

私は、この記事で初めて聞きましたが、 なんとなく実感できました。

ブログでも書きましたが、 去年の熊本地震の際、間違った情報(噂)を故意に流し、

不安な状況下の被災者の方々を、さらに混乱させる悪質な行為が多々ありました。


POST-TRUTH

は、イギリスのEU離脱の選挙 や アメリカ大統領選でのドナルド・トランプ に対して多く使われたようですが、

SNSなどで、感情を誘導される真実まがいの情報 は、身近なものに感じています。

そして、EU離脱決定や トランプの勝利で それらが有効なことが証明されました。

結果、勝てばなんでもOK

そんな社会になりつつあります。


で、今年のテーマに話がつながるのですが、

こんな時代だからこそ、 自分の立ち位置を確認しておくことが 大切なのではないかと思います。


それにしても、トランプのSNS、ツイッターの使い方は、それまでにないユニーク(唯一無二)なものになっています。

トランプの勝利は、ジョンFケネディーの勝利と共通しているといわれています。

どちらも、メディア戦略の勝利だと。 ケネディーはテレビを トランプはSNSを




これは、6日 トヨタのメキシコ工場建設へのつぶやき で

ニュースにもなりました。

この数行のつぶやきが、 世の中に大きな影響を与えています。

しかも興味深いのは、テレビやネットでニュースになる前に、 

目の前のPCやスマホで、本人から直接メッセージを受け取ることができることです。

< トランプ次期大統領がツイッターで、こう述べた >

というニュースな出来事が、目の前で起きるのです。


SNSは、情報がダイレクトな分、客観性や真実性を図りにくい性質があるのかもしれません。

2017年は、2016年の反省で、 自分の立ち位置をしっかり持ち、

POST-TRUTH に耐える力をつけなくては と思います。  
タグ :Post-Truth


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:09Comments(0)日記

2017年01月08日

若者へのメッセージ

 こんばんは!

2017年になって 一週間経ちました。

この一週間はいろんなことがあったので、長いような気がします。


今年のテーマ Going My Way

について、いろいろと考えています。

自分の立ち位置を知る

という作業は、なかなかよい効果を生んでいるようです。


去年 米大統領選挙で、トランプが勝利したことに

落胆しましたが、 

今日は、その気持ちを奮い立たせる演説がありました。

ミシェル・オバマ 最後の演説です。



これは、大統領選の結果に落胆人たちへのメッセージです。

特に若者へのメッセージは熱く、感動しました。


若者は、その国の未来です。


若者を大切にしない国は、

根腐れした花のように、

行く行く衰弱していくでしょう。

なぜ、わからないのでしょうか。

若者が過労で自殺する国

若者の政治活動をねじ潰す国


ミシェル・オバマのメッセージは、私のいるこの国にも響いてきます。


彼女が強く言っているひとつは、 教育 の大切さです。

私を含めほとんどの日本人は、当たり前に教育を受けています。

その為か、 教育 の重要性を強く言われても

あまりピンとこない感じもします。

正直、私は学校の勉強が大嫌いで 不真面目だったので^^


2014年のノーベル平和賞 マララ・ユフスザイも

国連のスピーチで 教育の大切さを訴えています。



One child, one teacher, one pen and one book can change the world. Education is the only solution. Education First.

最後の言葉が、心に突き刺さります。


教育とは本来

これほど、力強く、

若者に、希望と力を与えるものなんですね。
  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 00:28Comments(0)日記

2017年01月04日

2016 ⇒2017

こんばんは!

2017 

新年 あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。


さて、

2016最後のブログがかなり絶望的な雰囲気でしたが、

新年を迎え 新たな気持ちで 前を向いていますニコニコ

今年はどんな年になるのか。

毎年 自分の今年のテーマを決めるのですが、

今年は、田舎の大堂津海水浴場で 初日の出を見ながら

ぱっと この言葉が出ました。

Going My Way


今年のテーマは これにします^^


私はこれまでも、 

自分でも 我が道を行く タイプと思っています。

私を知る人も 少なからず そう思っているかもしれません^^

ので、 この頃は、 少し周りのことを考えて行動しようと思っているのですが、 これでも^^

でも、 自分を軸に 考えることも 大切だと思います。

それは、 わがまま とか 自己中 ということではなく、

自分を押し殺すこと を すこしやめてみよう といことです。

なかなか 誤解を与えやすい言葉なので 慎重になりますが、

あるがままの自分も大切にしよう

ということです。

こう書くと、数年前に流行った FROZEN(アナと雪の女王)のテーマ曲のようですが、

ほぼ、それと思ってもらっていいです^^


その一つのきっかけは、

先月亡くなった 女優Carrie Fisher(キャリーフィッシャー)のインタビュー です。

キャリーフィッシャー と言えば、スターウォーズのレイア姫ですが、

このインタビューでは、その印象とは全く違う 屈託のない素の姿がありました。

特に、彼女のファンだったとか、映画に詳しいとか ということはないのですが、

あまりにギャップが大きかったので 印象に残っていたのです。

下のインタビューは、1990、2004、2016 と3回収録したものを編集したものです。

大物女優を母に持つ環境やスターウォーズ、レイア姫のヘアスタイルのこと、ドラッグやアルコール、、

最後は、フレンチブルドッグのセラピー犬を抱きかかえながらインタビューに応じています。



そこで感じるのは、 こんな あるがままの巣の自分をさらけ出している人、

最近 あまり見ないなー ということです。

みんな一人一人が周りに気を使い 調和がとれているとも言えますが、

半面 息苦しさも感じます。


Going My Way

のテーマには、 我が道を行く とは比例して、

他の道を知る ということが大切だと思っています。

そう考えると、 自分の立ち位置を知る というとらえ方が

一番しっくりくると思う。

そういう意味での 自分軸 をしっかりとらえ、大切にしたいと思います。  
タグ :2017


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:45Comments(0)日記