› 陶studio ブログ › 2018年01月

2018年01月21日

文様のアイデア探し

顔 こんばんは。

2018年 いかがお過ごしでしょうか? ^^

私は、新作の準備に集中しています。

少しずつ形になってきて ワクワクしています。

出来上がったら UPしますので お楽しみに。


新作の一つとして 文様の入った器を考えています。

これまでも、モチーフシリーズ や 真夜中のうつわシリーズで 文様を付けていますが、

また 違う感じのシリーズを作ってみたいと思っています。

年末から正月にかけて 文様のアイデアスケッチを描いていました。

その一つが これです。



これをそのまま使うのではなく、その世界観や線の流れなどを見る あくまでアイデアスケッチです。

この感じのスケッチを数十枚描いていきます。


この文様の特徴は、鏡写しになっていることです。

四分の一の模様を4枚繋いで 文様にしています。

これは、切紙に使われる技法です。

紙を折りたたんで、ハサミで切る。

そして広げると 文様が広がる。

で、

” これは、切り紙を練習しなければ ! ”

と思い、デザインカッターを購入し、早速 やってみました。

細かな部分は、切り方にコツがいります。


その流れから ふと

切り絵 をしてみよう。 と思い、 やってみました。

紙を切る という作業は、 なかなか面白くもあり、 難しくもあります。

始めは、とにかくいろいろ切ってみよう。


その時 ちょうど アメリカでゴールデングローブ賞があり、

受賞者のオプラ・ウィンスキーさんが 素晴らしいスピーチをしたニュースが上がっていたので、

モデルになってもらいました^^



これが一作目です。

なかなか面白いので ほかのテーマで切ってみました。




霧島


アイボ



最後のは うどんです^^


思えば、紙をきって文字を作ったりする作業は 昔から好きでした。

一発勝負の思いっきり も 好きですし、 ちょっとはまりそうです。


まだ 器に使う文様は決まっていませんが、

いろんなところから アイデアをひろって ものつくりをしています。  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:20Comments(0)日記

2018年01月07日

BOOK: 人類の未来

顔

明けまして おめでとうございます!

今年もよろしくおねがいしますm(_ _)m

2018年も 一週間を過ぎました。

一応、今年は ブログの更新を増やす を目標の一つにしています^^

あまり 焼き物も関係ない記事が多いとは思いますが、よろしくお願いします。

今日は、大みそかに読んだ本について書きたいと思います。

その本のタイトルは <人類の未来> です。



「人類の未来」 講談社自然シリーズ THE LIVING EARTH 19
昭和52年 1977 発行
著者 マルカム・ロス マクドナルド

今から40年前に書かれた 近未来予想の本です。

近未来予想なので、 ちょうど21世紀の今ぐらいを予想した本です。

新年を迎えるにあたり、過去から現在を見、そして、未来を考えてみたいと思ったのです。

ところが、 書かれている未来予想が ぜんぜん当たってなく、 的外れな内容で すこし驚きました^^


未来予想を挙げてみると

20世紀末に化石燃料が枯渇する。

人口爆発による食糧難。

海洋都市開発。

マイル・ハイ・シティー(1.6キロの高さの都市ビル)

宇宙空間での太陽エネルギー開発。

超高速大量輸送システム(飛行機よりの早い巨大なリニアカー)

など

思えば、 20世紀末には石油がなくなる という話題は、

かなりの現実味を持って 語られていたと思ったが

結果は 大外れ だ。

地球温暖化についても予想しているが、海抜120メートル以上の上昇で

パリやニューヨークが 水没していると予測している。

これも 外れ。


コンピューターやテクノロジーの未来については 漠然としか書かれてなく、

インターネット や AI の言葉は出てこない。


それどころか、この本の著者は、大胆にも 人類は 脱社会・脱経済・脱テクノロジー に向かうと予想している。

当時の ピッピームーブメントからの発想のようで、 悲観的な世紀末観など 当時の時代感のようだ。


そして、大みそかの夜 この本を読み終えて感じたのは、

未来予想は難しいし、 それほど悲観的になる必要もない。

ということだった。

  
タグ :人類の未来


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:12Comments(0)BOOK