› 陶studio ブログ › 日記 › MUSIC › ザ・ビートルズ!

2017年06月19日

ザ・ビートルズ!

 こんばんは!

前回の更新から、あっという間に2週間経ってしまいました。

梅雨にはいったものの、晴天続きですね。

そのおかげか、今年は バラなど花の咲く期間が長いような気がします。

うちのバラやマーガレット、なでしこ など

次々に咲いて 目を楽しませてくれます。


前回のブログで、次は ビートルズのアルバム 「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club」

のことを書くといいながら、できないでいました。




アルバムが発売されて50周年ということで、盛り上がっているのですが、

それとは関係なく、その前から、 「やっぱり、ビートルズかな~」

と思うことが多くありました。

県外のイベントの行き返りに、車の中で聞く音楽が、自分でも不思議なくらい ビートルズばかりなんです。

何度聴いても 新鮮で、テンションが上がります。

しかも、この Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club は、

曲もバラエティに富んでいて、イベントで少し疲れたときなども、

元気付けてくれます。

で、よく 無人島に一枚持っていくなら ? という問いかけがありますが、

これはもう、 自分の場合 The Beatles の Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 

に決まりだな、 と感じていた時でした。

中学13歳の時から聴いて35年 何かにつけて聴いていますが、

いまだに新鮮です。 

そんななか、 愛聴しているBBCが 1987年に放送した 番組を再放送してました。

Sgt Pepper: A Splendid Time Was Guaranteed for All BY BBC

プロデューサー ジョージ・マーティンのインタビューを軸に、当時を振り返っています。

UKの番組なので、ビートルズのメンバーのインタビューなど、貴重です。

あと数日で聴けなくなるので、ぜひきいてみてください。

こういう番組を聴いて感じるのは、

日本ではこんな番組ないよな~ ということです。

もし、Sgt.Pepper's 50th の番組があったとしても

ビートルズをよく聞いていたという日本のアーティストか、音楽評論家 とかでて、

だらだらと知ってることを話すという番組になります。

よく考えたら、ビートルズのメンバーやアルバムに関わったひとから直接話を聞くことはありません。

すべて又聞き情報 です。

けど、ネット時代では、直接話を聞くことができます。


これも愛聴しているNPR Fresh Air の番組から、

このSgt.Pepper's 50thの記念リマスターアルバムをプロデュースしたGiles Martinのインタビューです。

彼は、50年前のSgt.Pepper's をプロデュースした ジョージ・マーティンの息子です。

このインタビューを聴くと、この50Thの盛り上がりは、彼が意図的に作ったもので、

数万する王業な記念アルバムに仕立てたのも彼で、

まんまと乗せられた^^ という感じです。




これは、Fresh Air が持っている、ポールとリンゴのインタビューです。

まさに、当事者から話を聞くことができます。


もちろんすべて英語です。

すべてきれいに聞き取れるわけではありませんが、

自分的には もう 又聞き はいいよ。 という感じです。




同じカテゴリー(日記)の記事画像
ありがとうございました!
クリーマ・クラフト・キャラバン 糸島
7月です!
脱・又聞き
LOVE の 意味
風景
同じカテゴリー(日記)の記事
 ありがとうございました! (2017-11-30 22:03)
 クリーマ・クラフト・キャラバン 糸島 (2017-09-25 23:09)
 7月です! (2017-07-01 22:40)
 脱・又聞き (2017-06-20 23:06)
 LOVE の 意味 (2017-06-06 23:53)
 風景 (2017-05-30 23:26)

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:52│Comments(0)日記MUSIC
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ザ・ビートルズ!
    コメント(0)