› 陶studio ブログ

2017年06月20日

脱・又聞き

こんばんは!

今日から しばらく雨のようで いよいよ梅雨らしくなってきました。

この時期は、田植えの時期でもありますが、


梅雨前に植え付けて、

梅雨の雨で 苗がすくすく育ち

梅雨が明けて 夏 太陽の陽を 思いっきり浴びて

実りの秋に 穂を垂れる


うまく季節の変化に合わせてるな~と感心します。

日南にいるときは、早場米なので ちょっと違うんですよね。

早場米は そう考えると ちょっと無理してる感がありますね^^


話は変わりますが、

昨日の ブログで < 又聞き はもうたくさんだ >

ということを書きましたが、

最近は 海外のニュースも直接見れるようになってるので、

できるだけ見るようにしています。


Sky News LIVE

先日のイージス艦衝突も アメリカが調査しているので こちらのほうが情報が早く正確です。

ロンドンのタワーマンションの火事も ブレイキングニュースとして 長時間現場から中継をしていました。

見ていて感じるのは、やはり取材力です。

世界中の特派員が現場に行き、直接取材、報道する。

日本のテレビ局もしてはいますが、

比較をすると 表面的で場当たり的な感がします。


海外のメディアと接していると いろいろ日本との違いを感じます。

今まではあまり感じなかったことです。


日中 BBCのラジオをよく聞いているのですが、

大きな違いを感じるものの一つとして 国会 があります。

その違いは、一目瞭然です。

先日の国会様子です。


日本はこんな感じですね。

では、イギリスは、



こんな感じなんです^^

なんか会場に漂う熱量が違います。

感じるのは、議会制民主主義への信頼、敬意、力強さです。

議会制民主主義という大きな舞台の上に皆が乗っている感覚があります。


日本の国会にはそれを感じません。

議会制民主主義は表に飾っているだけで、議論などしていません。

初めから 決定事項は決まっています。


それぞれ良し悪しがあるのかもしれませんが、

この国会の熱量の差は、いろんな意味で大きいと思います。  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:06Comments(0)日記

2017年06月19日

ザ・ビートルズ!

 こんばんは!

前回の更新から、あっという間に2週間経ってしまいました。

梅雨にはいったものの、晴天続きですね。

そのおかげか、今年は バラなど花の咲く期間が長いような気がします。

うちのバラやマーガレット、なでしこ など

次々に咲いて 目を楽しませてくれます。


前回のブログで、次は ビートルズのアルバム 「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club」

のことを書くといいながら、できないでいました。




アルバムが発売されて50周年ということで、盛り上がっているのですが、

それとは関係なく、その前から、 「やっぱり、ビートルズかな~」

と思うことが多くありました。

県外のイベントの行き返りに、車の中で聞く音楽が、自分でも不思議なくらい ビートルズばかりなんです。

何度聴いても 新鮮で、テンションが上がります。

しかも、この Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club は、

曲もバラエティに富んでいて、イベントで少し疲れたときなども、

元気付けてくれます。

で、よく 無人島に一枚持っていくなら ? という問いかけがありますが、

これはもう、 自分の場合 The Beatles の Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 

に決まりだな、 と感じていた時でした。

中学13歳の時から聴いて35年 何かにつけて聴いていますが、

いまだに新鮮です。 

そんななか、 愛聴しているBBCが 1987年に放送した 番組を再放送してました。

Sgt Pepper: A Splendid Time Was Guaranteed for All BY BBC

プロデューサー ジョージ・マーティンのインタビューを軸に、当時を振り返っています。

UKの番組なので、ビートルズのメンバーのインタビューなど、貴重です。

あと数日で聴けなくなるので、ぜひきいてみてください。

こういう番組を聴いて感じるのは、

日本ではこんな番組ないよな~ ということです。

もし、Sgt.Pepper's 50th の番組があったとしても

ビートルズをよく聞いていたという日本のアーティストか、音楽評論家 とかでて、

だらだらと知ってることを話すという番組になります。

よく考えたら、ビートルズのメンバーやアルバムに関わったひとから直接話を聞くことはありません。

すべて又聞き情報 です。

けど、ネット時代では、直接話を聞くことができます。


これも愛聴しているNPR Fresh Air の番組から、

このSgt.Pepper's 50thの記念リマスターアルバムをプロデュースしたGiles Martinのインタビューです。

彼は、50年前のSgt.Pepper's をプロデュースした ジョージ・マーティンの息子です。

このインタビューを聴くと、この50Thの盛り上がりは、彼が意図的に作ったもので、

数万する王業な記念アルバムに仕立てたのも彼で、

まんまと乗せられた^^ という感じです。




これは、Fresh Air が持っている、ポールとリンゴのインタビューです。

まさに、当事者から話を聞くことができます。


もちろんすべて英語です。

すべてきれいに聞き取れるわけではありませんが、

自分的には もう 又聞き はいいよ。 という感じです。

  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:52Comments(0)日記MUSIC

2017年06月06日

LOVE の 意味

 こんばんは。

もう6月になりました。

もう、梅雨に入りました。

いかがお過ごしでしょうか。



6月1日は、なんの日でしょうか?


2017年6月1日は、 ビートルズのアルバム 「sgt pepper's lonely hearts club band」 が 

ロンドンで発売されて50th記念の日でした。


それを記念したリマスターアルバムが49年ぶりにイギリスでチャート一位になり

私も じわじわと盛り上がっていました。


そのことを このブログに書きたいな。

と思っていたのですが、


6月3日に ロンドン橋で テロがあり

愛聴しているBBCも そのニュースで一色になりました。

マンチェスターでのテロにつづく 暴力


そんな中、 4日 

テロのあった マンチェスターで 大規模なライブイベントが行われました。


マンチェスターでのテロは、音楽のライブ会場がターゲットでした。

音楽 MUSIC がターゲットにされたのです。


その現状に ただ慄くのではなく、

その音楽で 心を一つにし

その音楽で 屈しない 強い意志を示す。


そんな姿勢に 感動しました。

ONE LOVE MANCHESTER


We Stand With Manchester BBC


Black Eyed Peas and Ariana Grande - Where Is The Love (One Love Manchester)

本当にすばらしいパフォーマンスです。

他にも、すばらしいLIVEがリンクされています。

One Love Manchester

「サージェントペパーズ」 の話は、またしたいともいます。
  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:53Comments(0)日記MUSIC

2017年05月30日

風景

 こんばんは!

もうすぐ5月も終わりです!

先週末の 串間市でのイベント 窯元行列IN串間 が終了し、

次に向けての制作と準備に ちょっとだけ 燃えてます^^

今年は、3日間 晴天で 沢山のお客様で賑わいました。

お越しいただいたお客様 ありがとうございます!


会場だった吉松邸前の商店街は、なかなか雰囲気のあるところで、

思わず、カメラを手に オープン前の朝 写真を撮りました。

















少し懐かしい風景がありました。


次のイベントは、 7月15日~24日の 宮崎空港での 窯元祭りです。

少し時間があるので じっくり準備して 充実させたいと思います。

お楽しみに^^
  
タグ :串間市


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:26Comments(0)日記

2017年05月25日

串間 窯元行列

 こんばんは!

5月も もう終わりなんですね。 早いです。

毎年のことですが、 5月はやはり 少し具合が悪くなる時期です。

5月病 とまではいきませんが、 なにか体がだるくなる季節ですね。

けど、なんとかかんとか切り抜けました^^

さて、明日から 串間の窯元行列に参加します。

 

今年も外テントで、今回は抽選所のそばです。

26日~28日まで 25日(土)は地元のお祭りと合わせて 

夜の8時までやります。

近くの方はぜひお越しください^^  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:21Comments(0)日記

2017年05月14日

GWが終わってやりたかったこと②

 こんばんは!

早いもので、GWの窯元祭が終わって 一週間経つんですね。

この一週間は、 疲れを取りながら、 ボチボチと活動してました。

今日などは、素焼きの窯詰めや道具作りをしてました。

制作の道具はほとんど自分で作るのですが、

スムーズに作業を進めるための大切な時間です。

明日からの制作に使いたいと思います。


GWが終わって やりたかったこと パート2! ですが、

なんといっても これ 

音楽つくりです^^

音楽つくりや楽器を鳴らしたり とかは、

常にやりたいことに入ります。


音楽は 聴くのもいいですが

演奏したり、 ただ楽器を鳴らすだけでも

脳みそが ほぐれます。


でも、 曲を作ろうとすると

すこし 気持ちを集中させないとできませんし

単純に時間もかかります。


けど、音を重ねる作業は、 本当に楽しいです^^

絵を描くことが、真っ白な紙の上なら、

音楽は、透明な空気に 描くようなものです。


けど、なかなか時間もできないので、

このGW明けの時間に作ることが恒例になっているようで、

去年も今頃一曲作っています^^

年に 一曲のペース です。


今回の曲は、サンプリングを使わず、

すべて私の演奏です。

そんな気分だったんです^^

 


いかがでしょうか。

次はまた 一年後かな^^  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:13Comments(0)日記

2017年05月12日

GWが終わってやりたかったこと①

こんばんは!

窯元祭IN綾が終わり5日ほど過ぎましたが、まだ 疲れが取れていません><

展示場を片づけたり、 陶芸協会の事務の仕事をしたり、 などなど雑用をしながら、

いつもより ゆっくりしています。


綾の窯元祭までは 制作に追われ いろいろとやりたいことができないでいました。

今は、すこし余裕があるので やりたかったいろいろを時間をみてしています。

まずは、以前 ブログに書きましたが、

アメリカのトランプ政権のことで 線引き について、ずっと考えていました。

以前は、線引きは あまりよくないことだと考えていましたが、

トランプ政権の誕生で 世の中が 線引きを肯定するようなってきました。

その中で、わたしもすこし考えを変えてみたのです。


線引き 自体はそう悪いことではない。

ただ、いろんな視点でその 線 を見る必要がある。 と考えたのです。

で、その いろんな視点とはなにか?

を、ずーと考えていたのですが、

あるとき、一つの 視点の動き を考えたんです。


ただ、それは 言葉にするのが難しく、 映像なら伝わりやすいのに と思っていました。


そのイメージの映像化

それを GWが終わって まず作ってみました^^





解説すると

一つの線が 物事を二つに分ける 右・左 男・女 ・・

それは、線の向こう側とこちら側とを分けることでもある 敵・味方 他人・身内 ・・

だが、その線は 輪になった帯上にあり それぞれはつながっている

そして、その帯をメビュースの輪(無限ループ)にすると、 その線の意味がまったく失われる。

ということです。


この視点の動きが 何を意味するのかは ちょっとわかりませんが、

いろんな線引きに当てはめてみると 面白いと思います。

  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:31Comments(2)日記

2017年05月08日

GW終了!

 こんばんは!

昨日で、GWが終了しました!

そして、5日間の みやざきの窯元祭IN綾 も 終了しました!!



毎年のことですが、 この窯元まつりが終わると、

やっと一年が終わった という気がします。

農家でいえば 稲刈りが終わったような、

そんな 脱力感があります^^


今年は25周年ということで より窯元祭を盛り上げようと 実行委員が知恵をだし、

思いきって 県外の窯元をよんだり、

宮崎のお茶 とのコラボを企画したり、

新しい試みに挑戦しました。

いかがだったでしょうか。


毎年、一日は雨になる 窯元祭ですが、

今年は 前半3日間 連続の雨日でしたね。

それでも、この窯元祭を楽しみにしていただいてるお客様も多く、

雨の日の前半のほうが お客様が多かったです。

雨の中 お越しいただき 本当に ありがとうございます!!

後半は、逆に晴天で 熱いくらいでした(;^_^A

後半のお客様 暑い中 お越しいただきありがとうございました!


今日は、さすがに疲れもたまったので、

工房近くの 観音池公園の温泉に行ってきました。

こんなに近くにあるのに 実は、行くの初めてです^^

気持ちよかったです。

観音池公園には 温泉プールもあるし 緑もきれいだし、

これから ちょこちょこ行けたらと思っています。
  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:26Comments(0)日記

2017年05月02日

九州蚤の市、そして 綾

 おつかれさまです!

先週末 熊本での 九州蚤の市 に出店してきました。

2日間とも 晴天で 芝生の上 気持ちよかったです。

おしゃれなショップもいっぱいで、 こだわりの品が いろいろと揃っていました。

私の隣のショップも おしゃれで 店番をしながらも 

ソワソワ 落ち着かなかったです^^




さて、明日からは 綾酒泉の杜での 窯元まつりです!

今日は、搬入を済ませてきましたが、

明日 朝早めに行って 追加し 並べる予定です。

雨が少し心配ですが

ぜひ お越しください!

  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:27Comments(0)日記作品展・イベント案内

2017年04月28日

GWの予定

*GWの予定*

4月29日(土)30日(日)

蚤の市 熊本カントリーパーク

5月3日(水)~7日(日)

宮崎の窯元祭IN綾 綾酒泉の杜

イベント参加のため、GW期間中高城工房は休みになります。


  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:00Comments(0)作品展・イベント案内

2017年04月26日

孤独な男

 こんばんは! いかがお過ごしでしょうか^^

なかなかブログの更新ができないまま、もう4月が終わろうとしています。

今月は、もくもくと制作に打ち込んでいました。

どこにも出かけていませんTT

今週末の熊本での蚤の市 や GW後半の綾窯元まつり

と 待たせている注文 のための制作です。

やれることはやりましたが、まだまだ制作量が足りないと感じています。


夜も BBCのラジオを聴きながら 

12時ぐらいまで制作していることも多いのです。


先日の夜も 高城の静かな工房に籠り 土に向かいながら

BBCラジオを聴いていたのですが

流れてきたラジオドラマが なんとも やるせなくて

ジーンとしてしまいました。

Death of a Cosmonaut

BBCのラジオドラマは、日本のものとは比べ物にならないほど、コンテンツも多いし クオリティも高いです。

ラジオドラマ好きには たまらないチャンネルになっています。

ただ、もちろん英語なので わからないことも多いのですが、

このドラマは、ソビエト(旧ロシア)での出来事なので、半分ぐらいロシア語で 英語も少ないのでわかりやすいです。

注目なのは、その音響効果で、 この世界観は映画では出せない ラジオドラマならではの素晴らしい出来になっています。


内容は、ウラジーミル・コマロフ という宇宙飛行士の話です。

この宇宙飛行士の存在を初めて知りました。

ドラマを聴いているときは、ただ救いようのないストーリーだと思ったのですが、

それが、本当にあった出来事だと知って 非常に重く心にとどまっています。


ウラジーミル・コマロフは、1967年にソビエトで打ち上げられた ソユーズ1号の乗組員で

世界初の 宇宙事故で犠牲になったパイロットとなった人物です。


ロシア革命50周年記念にあわせ打ち上げられたソユーズ1号は、当初から欠陥だらけで

無事に帰還できないとわかりながらも 一人宇宙を漂う 

そんな孤独な男の話です。


そして、そんな話を 

一人 夜 静かな工房で聴きながら 仕事をしている 自分です^^


さて、

イベント準備も 大詰めです。

連続窯焚き

頑張ります。  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:00Comments(0)日記

2017年04月08日

ラジオ出演してきました^^

こんばんは!

昨日は、夕方都城の真ん中まで行って、シティーFMの”きりクラ”に出演してきました。

パーソナリティの方々やディレクターさん、ミキサーさん

皆さん 和気あいあいで リラックスして話をすることができました。

すごく貴重な経験でした。 ありがとうございます^^

BTVのビルの一階、サテライトスタジオなのですが、通り過ぎる街の人々が、

こちらに手を振ってくれたりと、都城市民に愛されてるラジオだな~ と感じました。

内容は、音楽の話ではなく、私の活動や暮らしついての話でした^^

10分ぐらいだったそうですが、 本当にあっという間で

本気で一分ぐらいしか話していない感覚でした。

えっ、もう終わり!!

もっと、話したかったです^^


番組は、80年代、90年代の洋楽で、選曲は、ディレクターさんがしていました。

それを、霧島の情報を入れながら進んでいく感じで、

曲紹介のロシアなまりの英語が、なんとも極東感をだしてて、 面白かったです^^


それにしても、 ラジオの選曲、

ローリングストーンズ や ビリージョー(ジョエルではありませんよ^^) など

を聴くと、自分の好む音楽がかなり偏ってるんだな~ と感じます。

もちろん、ストーンズやビリージョーも聴きますし、LPも一枚づつですが、持っています。


先のブログで90年代自分史をまとめたので、

ついでに、今日は 80年代洋楽自分史 をまとめたいと思います。

お付き合いください^^


では、私の1980年代洋楽は、この曲で幕を開けます。


Talking Heads - "Once In A Lifetime" (1980)

80年代に入ると、70年代のロックの森の巨木たちが次々と倒れたあとの、

新たにできた陽だまりに新芽が育っていきます。

それらは、初々しく、洗練らせたサウンドで あらたな息吹を感じました。


The Police - Every Little Thing She Does Is Magic (1981)


U2- New Year's Day (1983)

しかし、そこに暗雲が、、^^;


Frankie Goes To Hollywood - RELAX (1983)

初々しいロックに反するように、

ちょっと毒々しいエレクトリックで、ハチャメチャなサウンドが増殖していきます。


Herbie Hancock - Rockit (1984)

初々しいロックサウンドも負けてはいません。


The Style Council - Shout To The Top (1984)

エレクトリックも頑張ります^^


The Art of Noise - Legs (1985)

だが、頑張りすぎたようで、こんなバンドまで出てきました。


Sigue Sigue Sputnik - Love Missile F1-11 (1986)

何事もやりすぎはいけません^^

て! ロックなおじさんも、PVでとんでもないことやってますよ!!


Peter Gabriel - Sledgehammer (1986)

はしゃぎすぎです^^

でも、時代がそうでした。 世界全体がはしゃいでいる そんな空気が漂っていました。

そして、双方すこしずつ落ち着きを取り戻していきます。


M|A|R|R|S - Pump Up The Volume (1987)

90年代以降のテクノの原型ができつつありました。

そして、私の中で 80年代はこの曲で幕を閉じます。

はしゃぎすぎて疲れた体を癒すように、

浮かれた自分から、本来の自分を見つめるように

騒がしかった80年代は、静かにそっと 幕を閉じたのでした。


The Stone Roses - Fools Gold (1989)

というのが、わたしの80年代です。

いかがでしょうか。  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 20:01Comments(0)日記MUSIC

2017年04月05日

ラジオ出演決まりました!

 こんばんは!

今度の金曜日なのですが、 都城シティーFMの”キリクラ”という番組に出演することになりました!

なんでも、80年代、90年代の洋楽を流す番組のようです。

楽しみです^^


このブログを読んでいただいてる方は、お分かりだと思いますが、

私にとって音楽は 大切なものです。

もちろん、80年代、90年代の洋楽も 私に強い影響を与えました。

特に、90年代洋楽は、アーテイスト、楽曲 ともに粒ぞろいで、

第何次かの洋楽黄金期と言っていいと思います。


そこで、自分なりに90年代洋楽を整理する意味で、

すこし振り返りたいと思います。

よろしくお願いしますm(_ _)m


まず、自分の中で 90年代は、この曲と共に幕開けします!


The KLF - What Time Is Love? (1990)

90年代前半は、ダンスミュージック全盛時代です。

ラップ、ソウル、ジャズファンク、テクノ、

様々なジャンルが拡大し、混在していきます。

時代のエネルギーもあり、なにか新しいものが誕生しつつある混沌さがありました。

しかし、そこに ガツン! と ドROCK をたたきつけるバンドが現れます。


Red Hot Chili Peppers - Give It Away(1991)

一方で、音楽性の多様化は増してきます。 その一つが、ジャズファンクです。

アシッドジャズなど、ジャズとダンスミュージックの混在が新しいムーヴメントになります。


US3 - Cantaloop(1993)


私の中では、次の曲が多様化した音楽の一つの完成形になっています。

今でも、時々無性に聴きたくなる大切な曲です。


D*Note - Scheme of Things(1993)


ジャズファンク、アシッドジャズの流れでは、このアーティストは外せません。


Jamiroquai - Virtual Insanity(1996)

ジャミロクワイ、本当に好きでした^^


90年代の洋楽シーンの特徴として、 テクノ の躍進があげられると思います。

タワーレコードに、テクノコーナーが大きくスペースを取る時代でした。

そして、90年代洋楽を語るうえで、このテクノ四天王は外せません。


The Prodigy - Firestarter(1996)


Underworld - Born Slippy(1996)


The Chemical Brothers - Block Rockin' Beats(1997)


Daft Punk- Around the World(1997)

テクノは、このメジャーな4バンド以外にも、様々な広がりを見せます。

私が好きなのは、このバンドです。 ニンジャレーベルのCDは、今でも時々聴きたくなります。


coldcut - more beats and pieces(1997)


そんなテクノが勢いずく音楽シーンに またしても、 ガツンと ROCKが一石を投じます。


Radiohead - Paranoid Android (1997)

そして、90年代も後期に近づくと、多様化した音楽性の一つの完成形が生まれます。


Fatboy Slim- Right Here, Right Now(1999)

テクノのトゲトゲしさがなくなり、どこか懐かしい音質を持たせつつも、今まで聴いたことのない音楽世界。

こう振り返ると、90年代は テクノの繁栄の時代 と言っていいのではないでしょうか。

そんな90年代も、私の中では この曲で幕を閉じます。


Ben Folds Five - Army(1999)


いかがでしょうか。

わたしにとっての90年代洋楽シーンはこんな捉え方になっています。
  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:23Comments(0)日記MUSIC

2017年04月04日

4月、5月の予定

 こんばんは!

あっという間に 4月ですね。

週末、1,2日は、阿蘇の高森に行ってました。

覚悟はしてましたが、 最低気温 -1度

クラフトイベント会期中に あられが降ったり、雪が舞ったり してました。

そして、月曜日に高城に戻ったのですが、

昨日は、ぽかぽか いい天気でしたね。

突然、どかん! と春がやってきた感じです^^


3月の18日からスタートした 宮崎県くらしの工芸展 も無事に終了しました。

お越しいただいたお客様 ありがとうございました!


今回は 10周年で いろいろな企画があったので 今まで以上に盛り上がったと思います。

いつものように、会のメンバーで 会場の木組みの設置と解体運搬 を行いました。

会期中が、もちろん本番ですが、

この準備、撤収が終わるまでが、くらしの工芸展です。


無事に終了に ほっと一安心しています。


そして、そのまま 高森のイベントに行ってきました。

かなりハードなスケジュールですが、

去年の11月を思えば どーてことありません。 大丈夫です^^


天草のイベントもそうですが、熊本は温泉があるのでいいですね!

高森の会場のすぐ横が温泉センターで しかも 料金300円!!

阿蘇の自然を感じながら リフレッシュできました。


次のイベントも 熊本です。

29、30日 は、熊本カントリーパークでの 蚤の市

そして、5月は 3日~7日まで 綾の窯元まつりです!


かなり、忙しいです^^;


まだまだ、制作しなくてはなりません。

頑張ります。



  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:33Comments(0)日記作品展・イベント案内

2017年03月19日

くらしの工芸展

 こんばんは!

只今、宮崎空港・オアシス広場にて

宮崎県くらしの工芸展 開催中です!

29日(水)まで

今回は、白とグレーで落ち着いた感じに展示しています。

  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:14Comments(0)作品展・イベント案内

2017年03月03日

jupia<じゅぴあ>春号

 こんばんは!

3月に入ると 急に春感が増しましたね。

随分と暖かくなりました。

今日は、気持ちのいい快晴

制作した器を 外に干していました。



18日からの くらしの工芸展に向けて いろいろと制作しています。

花器など 作品を充実させたいと考えています。


ところで、ただいま発売中の雑誌:  jupia<じゅぴあ>春号 にて、

宮崎の手仕事 という特集があり 県内の工芸作家が紹介されているのですが、

嬉しいことに 私も紹介していただいてます。



良かったら 手に取って見てください。


さて、今日は 久しぶりに音楽を紹介したいと思います。

去年他界した プリンス の楽曲が、ネットで聴けるようになっているようです。

これまで、プリンスの楽曲はネットでの配信されていませんでした。

ユーチューブにもありませんでした。

それはおそらく プリンスの意図したこだわりだったのだと思います。

ですが、他界し 方針が変わったようです。

実は、私はプリンスのCD、レコードを結構持っているのです。5、6枚ほど

20代前半にすごくはまっていました。

けど、プリンスが死んだときに、ちょっと持っているCDを聴いたのですが、

どれも、あまりピンとくるものがありませんでした。

時代の変化を感じます。 今の時代にはあまり合わないのかな、、

そんな時、BBCで流れていたのが、この曲です。

穏やかな優しいプリンスの曲



これぞプリンス! という曲ではありませんが、

心に沁みます。

様々なスタイルの楽曲を作ったマルチプレイヤー プリンス ですが、

本人、 まさか自分が死んだときに この曲がフューチャーされるなど、

思ってもみなかったでしょう。

私も、ものつくりの一人として、自分の作品が 思ってもみない方向から評価されることは十分ありえます。

そう思うと、自分のクリエーターとしてのあらゆる力のすべてを、焼き物で残したいと思うのです。

もう、25年近くやっていますが、

そういう意味では、まだまだだと思っています。


頑張らなきゃね^^  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:42Comments(0)日記MUSIC

2017年02月28日

3月の予定

こんにちは!

もう2月が終わります。

ほんとに速いですね^^;

前回のブログの更新は、神ぴく前だったんですね。

遅くなりましたが、神ぴくのお越しいただいたお客様

ありがとうございました!

天気も良くて、そんなに寒くもなく

神ぴくでは珍しい 奇跡的な一日でした^^

今回は、出店場所が、段ボウルアートや公園の遊具のそばだったので

一日 子供たちの元気な姿を見ながら、感じながら 出店できました。

小さな手を真っ白にしながら夢中でチョークで描くさまや

滑り台をなんどもなんども 繰り返し 楽しそうに滑る姿

この風景は、この上なく幸せなものです。

いろんな物事に感謝したくなりました^^


神ぴく後は、再び制作に打ち込んでいます。

中でも 釉薬 のテストが楽しくて いろいろ調合しています。

先紹介した ブルーやグリーン(のような色) そこからの発展で、

いい感じのもの焼きあがっています。

うまくいったら またupしますね。


では、3月の予定です。

まずは、12日(日) 福岡・八女のテラコヤノミノイチに出店します。

去年に続き 2回目です。

歴史ある町とクラフトの調和です。

少し遠いですが、楽しいイベントです。


そして、18日(土)~29日(水)まで 

宮崎空港オアシス広場での くらしの工芸展 に出展です。




若手を中心に 新メンバーが増えています。

10周年特別企画も見どころです。

そして、4月に入ってすぐ、

4月1・2日に 熊本高森のクラフトイベントに行ってきます。

とにかく、今は 制作あるのみです。

頑張ります!  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 17:41Comments(0)日記

2017年02月11日

神ぴく!です!!

 こんばんは!

明日12日(日)は、いよいよ 神柱ピクニックです。



明日の朝は、寒くなりそうですね《《(゚c_゚;)》》

-3度の予報になってます。

ヒートテックと使い捨てカイロの力を借りて

乗り越えたいと思います^^

さて、新作です!



1月に取り組んでいた新しい釉薬を作って すこし器を焼きました。

なんとも言えない 色合いと艶です。

これは、写真では伝わりにくいので ぜひ 手に取って見てほしいと思います。

出店ブースの場所は、鳥居から一番離れた列で 段ボウルアートのそばになります。

ぜひ、お立ち寄りください。


今日は、DJTの話はやめにして

早めに寝たいと思います^^

では、明日 お会いしましょう。
  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:20Comments(0)日記

2017年02月10日

神柱自衛隊ピクニック二日市

 こんばんは!

今日は ちらほらと雪が舞う高城でした。

この時期は、いきなり寒くなったりするので 体調管理が大切です。

さて、先週末(4,5日)は、えびの二日市陶磁器コーナーに出店しました。

寒かったですが、この時期のえびのでは まだよかったようで

二日間 沢山のお客様で賑わいました。

今回 陶磁器コーナーには初めての参加でしたが、

そのすぐ隣が えびの自衛隊の展示コーナーでした。


このごろは、DJT(ドナルド・J・トランプ)の影響で

線引き についていろいろ考えることが多いですが、

自衛隊 も 様々な線引きができる対象の一つだと考えます。


私は いろいろと考える中で 線引き 自体は、

悪いことではない と思い始めています。


例えば、このブログ記事のタイトル

神柱自衛隊ピクニック二日市

では、訳が分かりませんが、

きちんと線引きするとわかるようになります^^

神柱ピクニック / 自衛隊 / 二日市


線引きをするとこは、物事を明確にする効果もあるのです。

では、自衛隊はどう線引きするのか?


これまで、私は

武装 / 非武装

という線引きをしていました。

この線引きでは、自衛隊は当然 武装 に入ります。

自衛隊は、言い換えれば 唯一の国営武装集団 です^^


しかし、線引きで大切なのは 様々な視点から見ることです。


これだけの線引きでは まるで自衛隊がただの暴力的な集団に思えてきます。


ここで、もう一つ線引きをしてみます。


もし、騒乱やテロなど状況が不安定ななかで、

武器を手にした男が近づいてきたら、、

と、イメージすると 

そのもっとも大切な線引きは、

 敵 か 味方 か?

という判断です。


敵ならば、さらに緊張状態になり、

味方ならば、歓迎し安堵するでしょう。

で、考えると 私は 日本人なので 自衛隊は味方です。


そして、自衛隊に もう一つ 線引きしてみます。

戦争 / 平和

です。


自衛隊は どちらに入るのでしょうか?

ここら当たりの捉え方が、ひとつ 分かれ目になるのかな

と思ったりしています。



さて、今週末は 神柱ピクニックです。

新作など できています。


話が 少し長くなったので

作品の写真は 明日 載せたいと思います。


では、おやすみなさい^^  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:13Comments(0)日記

2017年01月29日

2月の予定 とART

 こんばんは

もうすぐ1月も終わりです。

来週から ぼちぼち と イベントが入ってきます。

今年一発目は えびのの二日市 です。

4,5日(土日)に 陶器市コーナー に出店します。

初めてなので どうなるか 不安です^^

今週末は 冷え込みはなさそうなので

いいのかな と思います。

二日市に お越しの方は 覗いてみてください。

自衛隊展示の横のスペースになります。


そして、12日は 神柱ピクニックです!

こちらも 寒くならないことを祈ります(人゚∀゚)


相変わらず、今は制作に打ち込んでいます。

少なくても イベント前には 注文品の制作を終わらせないと いけません。

頑張ります。


どこにも行かず 工房に籠りきりだと 時々 アートをみて 気分転換しています。

去年のアートで 気になっているものがあるので それをUPしたいともいます。


Philippe Parreno: Anywhen / Turbine Hall, Tate Modern, London

この 装置化されたアート というものが すごくこころに引っかかっています。



アート とは 単に美しいもの や 目に入ってくる情報 ではない ことは当然です。

感覚を刺激し 揺さぶるもの


そしてまた、作品 という定義が膨張されていく

単に 物の視点 ということでなく

アーティストの作品 として成り立つもの

いろいろ 頭が洗浄されますね^^  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:55Comments(0)ART