› 陶studio ブログ

2018年05月14日

5月の予定

顔

こんばんは。

今日は 5月の14日です。

今月2日~6日 の みやざきの窯元祭 IN 綾 では、

沢山のお客様にお越しいただきました。

ありがとうございます!

特に、初日

大雨のなか お越し頂いたお客様には 感謝です。

このイベントを楽しみにしていただいている気持ちが伝わり、

もっともっと いいものを作ろうという気持ちになりました。


綾のイベントは、一年で一番大きなイベントなので

これに向けて 約一か月以上 準備してきました。

ですが、なかなかすべてを作ることは難しく、

わざわざ 会場にお越しいただいたのに

目的の器がなかった という声もあり

反省もしています。

申し訳ありませんでした。


綾が終わり いつもは

音楽を作ったり ちょっとゆっくりするのですが

今年は その間もなく

注文や次のイベントに向けて 

気持ちを切らさず

制作しています。


5月の予定です。

20日(日)

都城 マルマルマルシェ




25・26・27日

串間 窯元行列




今月は 陶芸協会や夏の空港展の 役員会もあり

休みが多くなります。

ご了承ください。

頑張ります!  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:59Comments(0)日記作品展・イベント案内

2018年04月27日

ゴールデンウィークの予定です。

顔こんばんは。

ゴールデンウィークの予定です!

4月28,29日 九州蚤の市 
カントリーパーク熊本 にて

5月2日~6日 みやざきの窯元祭 in 綾
綾酒泉の杜 にて

この一か月間 制作に没頭してました。
いろいろと持っていけたらと思います。

よろしくお願いします。

  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:12Comments(0)作品展・イベント案内

2018年03月18日

福岡:全国陶磁器フェア

顔 こんばんは!

まずは、一週間前になりますが、

神柱公園での 神ピク! 

天気も良く 暖かくて 大変な人で賑わいました。

お越しいただいたお客様 ありがとうございます!

新作など 手にしていただき 嬉しい限りです^^

毎年ですが、本当に楽しいイベントですね。

実行委員の方々も お疲れ様でした!



そして、今週 21日(水)~25日(日)は

マリンメッセ福岡での 全国陶磁器フェア に出展します。



久しぶりの出展なので 楽しみです。

今年の初めから ずーーと準備してきた 盛り鉢 リム皿 などが

ようやく焼けてきました。











明日 梱包し 20日に会場に搬入します。

そのため 20日~25日は 工房は休みになります。

ご了承ください。

気温の変化が激しいので 風邪をひかないよう 頑張りたいと思いますフンッ  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 20:31Comments(2)作品展・イベント案内

2018年03月10日

神ピク!

顔 こんばんは!

明日11日(日)は、 神柱公園での 神ピク です!

天気も良く 穏やかな一日になりそうなので

楽しみです。

今日は、朝から 窯出しでした。

お約束の 新作 も ぞくぞく 登場です^^









お楽しみに。

ぜひ、会場にて 手に取ってご覧ください。

場所は、子供たちの滑り台がある近くです。


さて、

これから 梱包作業の続きです。

頑張ります!  
タグ :都城神ピク


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 20:06Comments(0)日記作品展・イベント案内

2018年03月06日

3月の予定

顔 こんばんは!

お元気でしょうか?

私は、元気でやってます^^

都城 M'sガーデンでの展示販売も 昨日で終了しました。

ご覧いただいたお客様 ありがとうございます。

M'sガーデン もですが、都城には 地元ならではの楽しめるスポットがたくさんあって

楽しいです。

都城は 歴史もあるし、 ますます好きになってます。

居心地良いです^^


さて、 もう3月ですね。

1月、2月 じっくり準備してきた器たちが すこしずつ焼きあがっています。

今度の11日(日)は、都城 神柱公園での 
神ピク! です。



いつも 神ピクには 新作を持っていくのですが、

今年も ありますので お楽しみに

たぶん 本焼きの窯出しが ぎりぎり10日(土)になるので

その時に Upしたいと思います。

そして、 神ピク のあとには、

21日(祝)~25日(日) は 

福岡 マリンメッセ福岡での 
全国陶磁器フェア に出展します! 



この時期 いつも出展している 宮崎空港での くらしの工芸展 は、

今年は 出展せず 福岡に行ってきます。

久々なので 楽しみです。

ぜひぜひ、お越しいただき 手に取って 器を 見てください!  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:24Comments(0)日記作品展・イベント案内

2018年02月23日

M'sガーデンにて

顔

こんばんは!

早いもので もう2月の下旬に入りました。

今年初めのイベントは、 急遽決定した

都城 M'sガーデン での展示販売です!



今月23日(金)~3月5日まで
都城 M's GARDEN WORK&FIKA にて
カップや小皿を中心に、新作を含めた作品展をします。
お近くの方は、ぜひお越しください!  
タグ :都城


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:18Comments(0)作品展・イベント案内

2018年01月21日

文様のアイデア探し

顔 こんばんは。

2018年 いかがお過ごしでしょうか? ^^

私は、新作の準備に集中しています。

少しずつ形になってきて ワクワクしています。

出来上がったら UPしますので お楽しみに。


新作の一つとして 文様の入った器を考えています。

これまでも、モチーフシリーズ や 真夜中のうつわシリーズで 文様を付けていますが、

また 違う感じのシリーズを作ってみたいと思っています。

年末から正月にかけて 文様のアイデアスケッチを描いていました。

その一つが これです。



これをそのまま使うのではなく、その世界観や線の流れなどを見る あくまでアイデアスケッチです。

この感じのスケッチを数十枚描いていきます。


この文様の特徴は、鏡写しになっていることです。

四分の一の模様を4枚繋いで 文様にしています。

これは、切紙に使われる技法です。

紙を折りたたんで、ハサミで切る。

そして広げると 文様が広がる。

で、

” これは、切り紙を練習しなければ ! ”

と思い、デザインカッターを購入し、早速 やってみました。

細かな部分は、切り方にコツがいります。


その流れから ふと

切り絵 をしてみよう。 と思い、 やってみました。

紙を切る という作業は、 なかなか面白くもあり、 難しくもあります。

始めは、とにかくいろいろ切ってみよう。


その時 ちょうど アメリカでゴールデングローブ賞があり、

受賞者のオプラ・ウィンスキーさんが 素晴らしいスピーチをしたニュースが上がっていたので、

モデルになってもらいました^^



これが一作目です。

なかなか面白いので ほかのテーマで切ってみました。




霧島


アイボ



最後のは うどんです^^


思えば、紙をきって文字を作ったりする作業は 昔から好きでした。

一発勝負の思いっきり も 好きですし、 ちょっとはまりそうです。


まだ 器に使う文様は決まっていませんが、

いろんなところから アイデアをひろって ものつくりをしています。  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:20Comments(0)日記

2018年01月07日

BOOK: 人類の未来

顔

明けまして おめでとうございます!

今年もよろしくおねがいしますm(_ _)m

2018年も 一週間を過ぎました。

一応、今年は ブログの更新を増やす を目標の一つにしています^^

あまり 焼き物も関係ない記事が多いとは思いますが、よろしくお願いします。

今日は、大みそかに読んだ本について書きたいと思います。

その本のタイトルは <人類の未来> です。



「人類の未来」 講談社自然シリーズ THE LIVING EARTH 19
昭和52年 1977 発行
著者 マルカム・ロス マクドナルド

今から40年前に書かれた 近未来予想の本です。

近未来予想なので、 ちょうど21世紀の今ぐらいを予想した本です。

新年を迎えるにあたり、過去から現在を見、そして、未来を考えてみたいと思ったのです。

ところが、 書かれている未来予想が ぜんぜん当たってなく、 的外れな内容で すこし驚きました^^


未来予想を挙げてみると

20世紀末に化石燃料が枯渇する。

人口爆発による食糧難。

海洋都市開発。

マイル・ハイ・シティー(1.6キロの高さの都市ビル)

宇宙空間での太陽エネルギー開発。

超高速大量輸送システム(飛行機よりの早い巨大なリニアカー)

など

思えば、 20世紀末には石油がなくなる という話題は、

かなりの現実味を持って 語られていたと思ったが

結果は 大外れ だ。

地球温暖化についても予想しているが、海抜120メートル以上の上昇で

パリやニューヨークが 水没していると予測している。

これも 外れ。


コンピューターやテクノロジーの未来については 漠然としか書かれてなく、

インターネット や AI の言葉は出てこない。


それどころか、この本の著者は、大胆にも 人類は 脱社会・脱経済・脱テクノロジー に向かうと予想している。

当時の ピッピームーブメントからの発想のようで、 悲観的な世紀末観など 当時の時代感のようだ。


そして、大みそかの夜 この本を読み終えて感じたのは、

未来予想は難しいし、 それほど悲観的になる必要もない。

ということだった。

  
タグ :人類の未来


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:12Comments(0)BOOK

2017年12月29日

2017年を振りかえって

こんにちは!

もうすぐ 2017年も終わろうとしています。

今年一年は 本当にあっという間でした。

毎年 言っているかもしれませんが、

今年は さらに過ぎるのが早かった気がします。

1月から12月まで 一気に過ぎて行った感じです。



年末なので 自分なりに今年を振り返る ことをしたいと思うのですが、

いろいろありました。

過ぎるのが早いのですが、振り返ると 一年前がすごく前のようにも感じます。

一年前は、いろんな国のクリスマスの過ごし方をいろんな国の人に聞いて、面白がったりしてました。 

日本のイブにケンチキを食べるクリスマスが、かなり変だと知って面白かったです。

仕事場にロケットストーブを作って、温まったのも 一年前。

今季も活躍中です^^

毎年決める 自分の <今年のテーマ>

2017年は

Going My Way

でした。 これも いろんな解釈ができる言葉ですが、

結果 良かったと思います。

一年のうちに この言葉を 幾度となく思い出してました。

このことがかえって、自分の行動に対し、集中できる機会ができたと思います。

ただの流れやほかの人がやってるから行動しているのではなく、

MY WAY 自分で決めた道 自分で決めた行動

だからこそ、積極的に動けた気がします。

その作用で、この一年が 一気に過ぎて行ったのだと思います。


しかし、この Going My Way は、違う一面もあって、

最近、FBやブログ などをこまめに更新できなくなっている原因にもなっていると感じています。

それは、MY WAY (自分の道) なので、他の人との共感や共有に対して、距離を置くようになっているからです。

自分でもこれは まずい と思っています。

単純に 一社会人として まずいですし、^^

私はものつくりの仕事をしているので、社会や人間とのつながりは 非常に大事なものです。

自分の仕事は、創作(クリエイティブ)なものだと、思っています。

クリエイティブであることは、発信することも大切です。

その意味で、他人との共有・共感は 大事ですし、単純にそこに目を向けることは必要です。

そういう意味でも このブログ という場は、大事だと思っています。

器という発信 だけでなく、 言葉による発信。

それは、自分を見つめる大事な時間でもあります。



クリエイティブであること、発信続けることには、エネルギーが必要です。

焚き木がなければ、燃え続けることができません。

そういう意味でも、いろんなものに興味を持ち、吸収し続けることが大切です。

私は、ここ数年独学で英語を勉強していますが、この英語の上達が、エネルギーの供給に役立っていると考えます。

最近では、YOUTUBEでのヨーロッパの情報番組を見ることが多いですし、BBCラジオも相変わらず聞いています。

英語がわかると 単純に世界が広がり、情報量も拡大します。

社会問題や経済問題も 日本からの視点では見えないものが 見えてきます。

それに、世界のクリエイティブな人たち、アート、くらし、が見えてきます。

世界の人々は、本当にエネルギッシュです。

そんなポテンシャルが自分のなかにもきっとある と感じることは ちょっとした喜びです。



正直に言うと、最近は 物言うこと・主張 発言する ことに、少々臆病になってきています。

思い込みかもしれませんが、主張を抑え込む空気が 漂っている感覚があります。

それは、日本だけでなく 世界でもあるのだと思います。

宗教の争い、や人種・民族の偏見 貧富の格差 など

日本外のほうが深刻だといえます。

でも、逆に そんな中だからこそ、自分の考えを強く持ち 主張することが大切になってくるのだと思います。



2017年を振り返って、印象に残ったことを選ぶならば、私はこの映像です。



去年は、めちゃくちゃに破壊されたシリアの風景を選びました。

今年も この紛争は続いていますし、テロや 自然災害も多く発生しました。

排他的な極右政党が躍進するなどの動きもあり、<分断>の動きを感じる一年でした。

そんな中で、同性婚(same sex marriage)の合法化や主張は、真逆の動きだと感じています。

私は、同性愛者ではありませんが、彼ら・彼女らを見ていると、

自分に正直であれ

という強いメッセージを感じます。

そしてそれは、私にエネルギーを与えてくれます。



2018年は、この感覚を大切にして 迎えたいと思っています。


今年一年 ありがとうございました。
良いお年を
  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 11:36Comments(0)日記

2017年11月30日

ありがとうございました!



空そらさんでの展示会が終わって、2週間ほど経ちました。

お越しいただいたお客様 ありがとうございました。

今日で、11月がおわり 明日から12月です。

10月下旬から連続したイベントも、 今年は、空そらさんので終わりです。

都城:匠のこころ

福岡:クリエイターズマーケット

熊本:天草大陶磁器展

愛知:クラトコ

都城:空そら×サキムラ久

振り返ると いろんなことがありました。

いろんなことがありすぎて、いまはまだ、振り返れないでいます^^

空そらさんのイベント終了後も、 注文などの制作で 気が抜けない状況です。


イベントにお越しいただいたお客様

ありがとうございました!

これからも よろしくおねがいします。


  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:03Comments(0)日記

2017年11月09日

空そら × サキムラ久

こんにちは!

都城 福岡 熊本 愛知 とイベントが続きますが、

今月 18日(土) 11:30~16:00 は、

都城:空そら にて 恒例の作品展をします!



よろしくおねがいします。

なお、工房は、イベントのため19日まで お休みになります。  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 13:46Comments(0)作品展・イベント案内

2017年10月21日

都城:匠のこころ

おはようございます!

なかなかブログ更新ができていませんが、お知らせです。

今日、明日(21,22日)に 都城の道の駅奥の 地場センターにて

匠のこころ に出展しています。 よかったらお越しください。

  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 06:30Comments(0)作品展・イベント案内

2017年09月25日

クリーマ・クラフト・キャラバン 糸島

 こんばんは。

糸島から戻って2週間経つんですね。 9月もあと一週間です。

糸島でのイベントは、天候にも恵まれ 気持ちのいい環境でした。

会場は、玄海国定公園のそばで、期待した通り、海風が気持ちよかったです。





2日間 の~んびり 販売してました^^

なかなか会えない いろんな作家さんが出店していたので、面白かったです。


自然があって、街にも近い。

物産所には、新鮮な近海採れの魚が並び、おいしそうでした。

糸島は、住みやすそうですね。 良いところです。

ちょうど気候のいい時期で、天気も良かったので 益々そう感じたのかもしれません。


会場は、観光地なので イベントとは関係ない人たちもたくさんやってきます。

朝早くから、ロードバイク(自転車)の集団。 と思えば、 でかいバイクのおじさん集団。

いろんな人たちが、9月の週末を楽しんでいました。


今回、私は せっかくの福岡なので 日曜日も宿泊しました。

すこし驚いたのは、 次の日 月曜日の朝です。

週末、あんなに賑わっていたのに、 今は、だ~れも居ず、静かな日常の時間が流れています。


私は、日頃 高城工房にこもり 制作をしているので あまり曜日のことを考えたことがないのですが、

世の中的には、土日と月曜日では まったく違う時間が流れているんですね。

福岡の観光地なので 人が多く 特にそれを感じました。


もうすぐ終わりますが、今日は月曜日。 

スイッチON の気持ちで 朝、ドローイングしました。



The first step for New week !

9月もあと一週間、 頑張りましょう^^  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:09Comments(0)日記

2017年09月07日

9月10月11月の予定

 こんばんは!

先週末の 熊本グランメッセでの くらしの中の陶磁器フェア 

お越しいただいたお客様 ありがとうございました!!

天気も良く 4日間 沢山の方で賑わいました。

今月は、もう一つ 参加イベントがあります。

もう、あさってですね ^^;



9月9日(土)・10日(日)

福岡 糸島ピクニックビレッジ での クリーマ にイベントに参加します!

第一回目ということで 期待と不安が 混ざってます^^

すごく ロケーションのいいところなので 海風を 楽しみたいと思います。

いつもお知らせが遅くなるので、

10月の予定も 書いときます。

10月21,22日(土・日) 都城 地場産業センターにて 匠のこころ

10月28,29日(土・日) 福岡 九州クリエーターズマーケット

11月も

11月2日~6日 天草大陶磁器展

11月11,12日(土・日) 愛知県常滑 クラトコ

11月18日 都城 空そら

という感じです。

イベント出展中は、高城工房は休みになります。

ご了承ください。

よろしくお願いします!
  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:12Comments(0)作品展・イベント案内

2017年08月19日

陶磁器フェア

こんばんは!


次の参加イベントのお知らせです。

「 くらしの中の陶磁器フェア in 熊本
8月31日(木)~9月3日(日)場所:グランメッセ熊本 」



http://kumamoto-craft.com/

久々のグランメッセ! 楽しみです。

新作の鉢・どんぶりも持っていく予定です。

*招待状があります!*
ご希望の方は、住所とお名前 をメール<(toustudio8★gmail.com)★を@に変えて>していただいたら、会期に間に合うように発送します。

  

Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:53Comments(0)作品展・イベント案内

2017年08月14日

アートとは、何だったのか? 21

 こんばんは。

8月も、もう半ばなんですね。 朝や夜はすこし過ごしやすいような気がします。

風がちょっと涼しい。

今年は、気候がおかしいのか 工房のバラがいろいろ咲いています。

さて、今日もアートの話始めます。

<集合> ではなく、<連続>

ウォーホルの話です^^

++++++++++++++++++++++++++


ウォーホルは、明らかに <集合> ではなく、<複製><増殖><連続>をテーマにしている。

Andy Warhol. Brillo Box


彼が、自分の工房を ファクトリー と名づけたのも、
物を集めるためではない。
そこから、作品を増殖させるためだ。

ここに、ファクトリーと呼ばれたウォーホルのスタジオの映像がある。
Brillo boxes の制作の様子も撮られている。


Marie Menken - Andy Warhol (1965)

初めて見た映像でしたが、これを見てウォーホルの見方が変わった。
彼の作品の眼差しには 冷やかさを感じていた。
それは、<人の死>も<花>も<スープ缶>も すべて同じ価値基準に並べられ、
作品から<人間の感情> というものを感じないからだ。
それが、クールに感じる時期もあったが、氷のように冷たく感じることもあった。
だが、この映像を見ると 彼にとって 作品のテーマなど<どうでもいい>のだと思う。
テーマは、ただ自分の目の前にたまたまあったから というだけの話。
重要なのは、作品が生まれる工程 <増殖性> にあったように感じる。
この映像のウォーホルの様子を見て、ウイリアム・モリスもこうだったのかな。と感じた。
モリスが、パターン化した壁紙を印刷した初期のものを見る機会があったが、一枚一枚 色のカスレや滲みが違っていた。
それは、まさに クラフト の始まりだった。
ウォーホルによって、 現代美術とクラフトが結び付いた。
クラフトを仕事としている自分にとって それは刺激的だ。
  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:54Comments(0)ARTアートとは、何だったのか。

2017年08月13日

アートとは、何だったのか。 20

 こんばんは。 
もうすぐ 今日一日が終わろうとしています。
お盆の日曜日なので 皆さん いろいろと楽しんだ一日だったようですね。

いろいろ懸念はありますが、平和な2017年夏 戦争のない夏に感謝です。

さて、今日もアートの話始めます。

アートに夢中です^^

++++++++++++++++



<集合>の表現では、アルマンが様々な実験的作品に挑戦しています。

始めに紹介したゴミの集合体のほかに、

Arman Fernandez








ある種類のものを集め、並べて 展示する。
様々な<集合>の世界だ。 だが、今見ると あまり ときめくものがない。
やはり、この巻のテーマでもある <集合の魔術> は、 今は、どこかに消えたようだ。
  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:48Comments(0)ARTアートとは、何だったのか。

2017年08月11日

アートとは、何だったのか。 19

 こんばんは! 今日は 山の日 で休日なんですね。

そうなんですね。 私は、明日 お休みしたいと思います。

12日は高城工房は休みになります。 ご了承ください。

さて、今日もアートの話。 張り切っていこう!!

++++++++++++++++++++++


当時 女性のアーティストでは、ニキ ド サンファール (Niki de Saint-phalle) が人気があったようだ。 この全集にも何度となく作品が紹介されているし、日本には、彼女の美術館があったらしい。

ニキと草間彌生とは、どことなく共通するものを感じる。
本人は意図しないにしろ<女性的> であったり。 集合の表現を使っている。
センセーショナルなパフォーマンス。 色が鮮やか。 など

しかし、いま 日本での人気は歴然だ。

二人の違いが興味深いので、作品を並べて比べてみたいと思います。



































違いは何か?

一つは、 集合 と 連続 の違いだと思う。 見た目は同じだが、 ベクトル方向が真逆だ。
集合は、中心へと向かうが、 連続は、中心から外に向かっている。

集合がニキであり、連続が草間彌生だ。  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 21:43Comments(0)ARTアートとは、何だったのか。

2017年08月10日

アートとは、何だったのか。 18

 こんばんは。

高城工房で、静かな夜を過ごしています。

今日は、雨が強く降ったり、晴れて強い日差しで暑かったり

不安定な天気でした。

朝から、制作、作品梱包、配達 など

いろいろあった一日でした。

そんな一日も アートの話で 〆 ます ^^

全12巻中 6巻が終了!

今日から折り返し 7巻に入ります。


<第7巻 集合の魔術> 高階秀爾 編著

この巻に限らずだが、今では聞きなれない言葉が使われている。
「 廃品芸術 」
美術表現に用いられる素材が、絵の具やブロンズだけでなく、様々な広がりを見せ、その先に<ゴミ>も使われるようになった。

arman fernandez


制作方法も、それまでの<一品制作>から、工業生産的側面も持つようになる。
ここでは、ウィリアム・モリスの名前も出てくる。
そして、複製や連続性が表現に取り入られる。

william morris (1862)


andy warhol campbell soup


この流れの解釈は、面白いと思う。

では、集合の魔術たちを見て行こう。

mario ceroli


joseph cornel


alfonso ossorio


Mary Bauermeister


Günther Uecker


sergio camargo


工藤哲巳


草間彌生


草間彌生は、ここでは一作品だけついでのように紹介されています。

当時 日本ではあまり評価されていなかったようです。

今では、集合のアートの代表的存在で、しかも現役です。

  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 23:59Comments(0)ARTアートとは、何だったのか。

2017年08月09日

アートとは、何だったのか。 17

 こんばんは。

時間が どんどん進んでいきます。

もう、8月9日 ようやく注文分の制作が見えてきました。
中旬に 新作作りたいです! それを楽しみに制作に励んでます^^

さて、今日もアートの話始めます。


<第6巻 主張するオブジェ> には、他にもアーティストが載っている。
その二人は、オブジェ作家という枠組みでは到底くくれないので分けて書きたいと思います。

一人は、クリスト です。

christo javacheff


ここでは、包むオブジェの作家として紹介されています。


そして、もう一人が ヨゼフ・ボイスです。

ここでは、1968年ドイツでの<ドクメンタ>展での ボイスの作品の様子が書かれ、

<何やら得体のしれないもの> と紹介されています。



今は、動画が見てるからいいですね。 彼が丁寧に作品を紹介してくれています。

私は、10代の時から彼のことが大好きですが、 私が 彼のことのどれだけ知っているかは不明です。
しかし、こうやって現代アートを振り返ってみると、 シュルレアリズムから派生した <物との個人的な関係> や <神経反射的芸術> から抜け出し、 社会とのかかわり、経験や記憶の蓄積 など、次の段階へとアートを進めてくれたと感じます。
  


Posted by 陶STUDIO・サキムラ久 at 22:03Comments(0)ARTアートとは、何だったのか。